代表 坂東 遥について

坂東遥(四世 坂東志賀次)

(ばんどう・はるか  Bando Haruka)

月花麗人社 坂東先生

舞踊家。振付家。月花麗人社代表。
6歳より日本舞踊を始め、17歳で名取となる。

桐朋学園大学演劇科卒業。安部公房氏主宰「安部公房スタジオ」の主演女優、条文子(じょう・あやこ)として活躍。
その後、舞踊家の道を歩む。
1989年「月花麗人社」を創立し、以後創作シリーズでNY、上海公演をはじめ意欲的な公演を展開する。
1992年 坂東流志賀次派家元継承。
1998年 日本舞踊を基にした健康のための「遥 吉祥舞」を編み出す。
2015年 「遥 吉祥舞」から発展した「天のひふみ法」を編み出す。
2016年 「天のひふみ法」を伊勢神宮に奉納。

 

 

私の考え

月花麗人社は、日本舞踊、遥吉祥之舞を通して、世界の人々と地球のために活動していきます。

[日本舞踊について]

日本人の日常にもっと和文化をというのがもう一つの思いです。舞踊に限らず、伝統あるものの良さと価値に対して、多くの人が無意識になっています。もったいないと思うのです。そして送り手の方にも創意工夫が必要です。一部の人たちだけの閉鎖的なものではなく、自由で、誰でも気軽に参加することができ、なおかつ、質の高いものを提供することで、日本の舞踊の入口を、広く開かれたものにしたく思います。

[吉祥之舞について]

今まさに、人間であること、日本人であることを見つめなおす時です。日本人がより健康で自国の文化に誇りを持ち、活き活きと生きることを吉祥舞は目指します。そしてそのような日本人が世界の人々と関わったら、異国の文化・立場に深い理解と愛情を持って連帯を、大きな人の輪を作りだすことができるのではないでしょうか。

[天のひふみ法について]

この呼吸法は、いつもなら3秒で済ますものを、すこしでも長く、深く、呼吸していくのが特徴です。今までの日常から、忙しいさや気負いを解き放てる数分の時間を持っていただきたいだけです。そう考えていたところ、偶然にもその方法を、厳しい日本舞踊の稽古から見いだすことができました。これを長く続けていただきたい。3分でいいのです。人間が本来持っっている力が引き出され、人間的な魅力(元々あった)が再び生まれ出ずるのを感じることでしょう。

坂東遥 舞い

舞踊公演より

 

坂東遥 ダンス

 

坂東遥 舞踊

主な活動

1970年 安部公房作・演出「ガイドブック」にて、女優 条 文子(じょうあやこ)として活動を開始
後に絛 文子と改名)
197X年 NHKラジオドラマ「女優志願」にて、芸術祭優秀賞を受賞
1978年 坂東流家元、二世坂東三津次の養女坂東三津菊となる
1979年 安部スタジオ「小象は死んだ」全米公演に出演。
ニューヨーク・タイムズ、デイリー・ニューズ、シカゴポスト各紙でその演技を高く評価される

文子舞踊研究所を母体とするジャズダンス公演活動をスタート
1983年 日本舞踊の可能性を求め、京極流箏曲・アイリッシュハープとのジョイント公演「初夏草心抄」、筑前琵琶(上原まり)とのジョイント公演(京都南禅寺)「扇の的」と活動を展開
1985~1988年 坂東三津菊のパフォーマンスシリーズ「花軍(はないくさ)」を始める(国立小劇場)

第一弾「初夏の花軍」、第二弾「華と雪」、第三弾「ザ・ガラシャ」、第四弾「玉手箱」

1987年 坂東三津菊のパフォーマンスシリーズ「ザ・ガラシャ」ニューヨーク La
Mama劇場で公演開催。ニューヨーク・タイムズ紙に絶賛される
1989年 古典を現代に活かす道を求め、月花麗人社を創設
1992年 志賀次派坂東流の家元継承
1998年 日本舞踊を基にした「遥吉祥之舞」(はるかきっしょうのまい)を編み出す。
2000年 日本舞踊「はるか舞の会」(日本橋劇場)
伊勢神宮、内宮にて奉納舞
2001年 隠岐神社「後鳥羽上皇御歌を偲んで」創作・上演
出雲大社「出雲田楽DANDAN」「古代ファンタジー」創作・上演吉祥大和舞ワークショップ開催
オーストラリア、ブリスベン市「地球憲章会議」にて披露
2002年 吉祥大和舞公演「ヒノリ伝説」(日本橋劇場)
鹿島神宮式年大祭にて奉納舞
安田病院(広島県竹原市)にてリハビリ指導
2003年 サトウハチロー物語「叱られ坊主」山彦の会公演振付(新宿シアターサンモール)
創作舞踊「LEIMEI」発表(日本橋劇場)近松門左衛門「用明天皇職人鑑」巣林社公演振付(新宿紀伊国屋ホール)
2004年 10月、創作舞踊劇「雪おんな」発表(日本橋劇場)
2005年 7月、創作舞踊劇「おりひめ夢姿」発表(日本橋劇場)
12月、中国上海・銀都芝員学院提携公演「雪女」(上海東方劇場)
2006年 7月、創作舞踊劇「まほろばの夢-SUSANO-」発表(日本橋劇場)
12月、「はるか舞の会」(日本橋劇場)
2007年 11月、創作舞踊劇「花も花なれ ~天草四郎 幻想~」発表(日本橋劇場)
2009年 4月、創作舞踊劇「かぐや 〜なよたけは風にゆれて〜」発表(日本橋劇場)
2010年 5月、日本舞踊「はるか舞の会」(日本橋劇場)
2012年 3月、横浜日本舞踊発表会(ホテルプラム・コスモ横浜)
4月、5月、日舞奉納舞(根津神社)
7月、藤元薫子ダブルセブンコンサートに出演(神奈川県立音楽堂)
10月、日舞お浚い会(向島百花園・御成り座敷)
12月、遥吉祥之舞開講(白金台 ホワイトスクール)
2013年 3月、遥吉祥之舞開講(広尾)
6月、遥吉祥之舞 (株)アルソアの企業イベントでアルソア社員約30名による舞を披露(福岡ヒルトンホテル)
9月、NPOまちアート・夢虫主催ワークショップ(佐倉)
9月、日本舞踊「雅扇会」(会主 越濱八十波)に参加(横浜青少年センター)
11月9日、遥吉祥之舞発表会「遥吉祥之舞
IN 横浜」(ホテルプラム・コスモ横浜)
11月16日、日舞「秋のお浚い会」(雷中会館)
2014年 5月、舞踊公演「はるか舞の会」(日本橋劇場)
2015年 11月、舞踊公演「はるか舞の会」(日本橋劇場)
2016年 9月10日、【天空の風】遥吉祥之舞 IN 横浜
(あかいくつ劇場)
9月24日、「敬老の舞」(ア・ライブ荻窪)
10月1日、タゴール 横浜来訪
100周年記念祭「百年後に残す詩」出演(横浜開港記念会館)
10月15日、ディワリ・イン・ヨコハマ2016 出演 (横浜山下公演)
11月2日、伊勢神宮に「天のひふみ法」を奉納。
12月4日、日舞「秋のお浚い会」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です